7月31日の沖縄県緊急事態宣言を受けての対応

posted in: 未分類 | 0

8月1日から15日までの沖縄県緊急事態宣言を受け、ロコモクリニック南城では以下の対応とさせていただきます。なお、ロコモクリニック南城では、新型コロナウイルスの検査や診察などは行なっておりません。ご了承ください。

★原則予約制

当日でも出来る限り対応いたしますので、空いているお時間をご案内致します。お電話にて診療内容と空き時間をお問い合わせください。予約なしでいらっしゃった場合、待合室混雑を避けるため、車での待機をお願いすることがございますので、ご了承ください。

★発熱や風邪症状、濃厚接触の可能性がある場合のリハビリの自粛

ご本人や、ご家族に発熱している方や、風邪症状がある方、また症状がなくともコロナウイルス陽性者との接触の可能性がある場合、リハビリを自粛するようお願いいたします。直前でも遠慮なくキャンセルされてください。また、ハイリスクの方(持病がある方、ご高齢の方)は、緊急事態宣言中、リハビリの回数を減らすなどの提案をさせていただくことがありますので、ご理解お願いいたします。

★来院時の検温・マスク着用・手指消毒のお願い

クリニック入口前に、体温計と手指消毒を設置しております。入室前にマスクの着用、検温、アルコール手指消毒をお願いいたします。リハビリ開始前には、手洗いもお願いしておりますので、ご協力お願いします。体調が悪いと感じる方は、来院前のご自宅にて検温を済ませておいてください。また、換気のため、入口や、リハビリ室内のドアを開けております。若干室温が高くなっておりますので、こまめな水分補給をお願いします。マスクお忘れの方には、受付にて販売しておりますので、お声がけください。

★電話等による診察の活用

定期的に骨粗鬆症等のお薬を処方されている方で、症状に変わりがない方は、LINEによるオンライン診療や、お電話での診療により薬を処方することができます。薬に関しては、処方箋を郵送、もしくはご家族が受付へ取りにいらっしゃることなどご希望に応じて対応することが可能です。ご相談ください。ただし、電話での診察中、医師により直接来院するなどにより診察が必要な場合もございます。その際は、ご協力よろしくお願いいたします。

★スタッフのフェイスシールドの着用および受付パーテーションの設置

感染予防のためスタッフはマスクに加えフェイスシールドを着用させていただきます。スタッフの検温などの体調管理は引き続き行なっていきます。また、受付へ飛沫感染防止のためパーテーションを設置しております。声が聞きにくい場合があるかと思いますが、筆談なども可能です。遠慮なくおっしゃってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください